忍者ブログ

不条理およびアルコール依存症

実際 吉田康弘 『究極のパス上達理論』 ~正確な「予測」と「判断」が行える選手を育成する12のヒント~ [YY0001]

吉田康弘 『究極のパス上達理論』 ~正確な「予測」と「判断」が行える選手を育成する12のヒント~ [YY0001]の中身や再現性についてのことを確認したい人は、このサイトに目を通したほうがいいかもしれません。


吉田康弘 『究極のパス上達理論』 ~正確な「予測」と「判断」が行える選手を育成する12のヒント~ [YY0001]の良い部分や実践などのことが記載されていることがあるため、確認してみてください。


さらに、この情報商材に関連する詳細情報を知っておきたい人は、下に記した情報が購入の参考になると思います。


  • ハウツー名称:吉田康弘 『究極のパス上達理論』 ~正確な「予測」と「判断」が行える選手を育成する12のヒント~ [YY0001]
  • 実用教本の内容:なぜ、この12種類の練習で、ディフェンスのプレッシャーを受け流し、トラップからパスへの流れるような動きを身に付けられるのか?サッカーの基本技術は、「止める・運ぶ・蹴る」の3つと言われています。ここで、ある「一つの疑問」がわいてくるのではないでしょうか。それは「上手くなるには、いったい何から練習すればいいの?」ということ。わたしが、鹿島アントラーズに所属していたとき、子どものころから憧れていた『ジーコ』と同じピッチでプレーしたことがあります。試合中の彼のプレーは、驚くほど安定しています。たとえディフェンスに強いプレッシャーをかけられた状況でも決して乱れることはありません。その安定したプレーの秘訣が知りたくなったわたしは「なぜ、そんな安定したプレーができるのか?」とジーコに聞いてみたのです。そこで、彼はあることを教えてくれました。それは、サッカーが上手くなるための「一番大切なこと」。「サッカーは、ボールを止める・蹴るがすべてだ」と。ボールを止める・蹴る。つまり「トラップとパス」です。サッカーの練習で、パスの基礎を教えるとき、「止めること」と「蹴ること」にわけて指導しているのをよく見かけますが、この方法で身につけたパスは、試合ではまったく通用しません。一つ一つのプレーを丁寧にやると、「止める」動きと「蹴る」動き、つまり、パスをだすまでに「2つのプレー」をおこなうことになり、無駄な動作がトラップからパスへの動きを阻害することになってしまうのです。試合でディフェンスのプレッシャーを受け流し、ボールを取られないためには、これらを「1つのプレー」でおこなうべきなのです。一見すると同じに見える基礎練習でも、次のプレーを考えて練習しているかどうかで、まったく違った質の練習に変わります。これは、派手なトレーニングでもありませんし、特別なトレーニングでもありません。しかし、子どもからプロサッカー選手まで、上手な選手は毎日やっている「本物の力」が身につくトレーニングです。この12種類の練習が、あなたに『ボールを止める・蹴る』ことの本当の目的と意味を教えてくれるのです。 【DVD3枚組 総収録時間:168分】
  • 販売責任者:株式会社リアルスタイル Real Style
  • 販売責任者サイト


上で案内した情報商材は、インフォトップというサイトのダウンロードの仕組みを利用してネット購入できますが、インフォトップは、情報マニュアルの購入や販売法人では、昔からの実績があるだけでなく、信頼と信用も評価されているネット通販会社ですので、E-bookの通販購入が初めての人でも何の心配も無くネット購入できるのではないでしょうか?


後日また、当記事のテーマである吉田康弘 『究極のパス上達理論』 ~正確な「予測」と「判断」が行える選手を育成する12のヒント~ [YY0001]に関連する事実がありましたら、追記しますので、よければ、また覗きにきてください。


左・右投手の特徴を徹底比較DVD 【ソフトボール ピッチャー】 体験談
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R